藺牟田池自然公園キャンプ場、2018.01.13 デイキャンプ 鶏皮とニンニクの塩コショウ炒めと山羊汁

2018年1月13日(土) 天気予報では13日、14日晴れの予報。

今朝は姶良市でも今季一番の冷え込みでした。昨日12日は日中でも粉雪がぱらついていました。

今日は、先週行った藺牟田池自然公園キャンプ場にデイキャンプに行くことにしました。

途中で薪を拾ってキャンプ場に向かいます。

180113totyuu

昨日の雪で薪も湿っています。

180113makia

藺牟田池自然公園キャンプ場の林の中は昨晩の雪が積もっています。

180113imutamori

池は、

180113imutaike

さっそく車と連結してブルーシートのタープを張ります。

ロープを繋いでからペグを持ってきていないことに気づきました。

「さあ、どうする?」

斧があるのでさきほど切ってきた薪でペグを作ります。

180113pegua

ペグの代用がきいて使い終わったら薪として燃やすことができます。

ではタープ設営をご覧ください。ピンと張れなかったですが頭上にタープがあるので、なにか暖かさを感じます。

180113tentoa

180113tentob

タープの下で焚き火をしながら暖を取ります。

焚き火料理でのランチは、「鶏皮とニンニクの塩コショウ炒め」と「山羊汁」です。

180113torikawa

途中の直売所で買ってきたニンニクの茎葉と鶏皮を炒めてさっと塩コショウするだけのシンプルなものです。

鶏皮から出る脂で今回はサラダ油を入れずに炒めましたが、調理後には相当な脂が出ていました。

デイキャンプなので、ノンアルコールの「Asahi Dry Zero」を飲みます。

180113nomu

外気温が2、3℃なのでクーラーボックスにいれなくても普通に冷えています。

次は、奄美や沖縄の郷土料理である「山羊汁」をいただきます。

12月に郷里に帰ったときに連れ合いの友人からいただいたものです。

180113yagijiru

温めるだけでたべられるので便利です。

山羊肉もたっぷりと入っていました。長ネギを入れて温めます。

180113yagijirub

180113yagijiruc

我が家から持ってきたおにぎりといただきました。

途中で拾った薪は湿っていたので、後日乾かしてから使うことにします。

この時期、焚き火がないと寒くて外で過ごすことはできません。

180113takibi

焚き火のありがたさを十分感じることができたデイキャンプでした。

藺牟田池自然公園キャンプ場、2018.01.07-08 雨キャンプ おでんと山太郎蟹鍋

2018年 最初のキャンプです。天気予報では、7日夕方から雨、あくる日8日は雨のち時々曇りでした。それでもこの3日間の連休キャンプに行くと決めていたので出かけることにしました。

薩摩川内市の「藺牟田池自然公園キャンプ場」です。今回で4回目になります。

今回は娘婿と一緒。

私が先に出かけて場所を確保。

6日の夕方からキャンプしている方が1組いらっしゃいました。

180107tenntob

テント設営をご覧ください。

池の方向から風が吹いてくるのでテントの入り口を反対にします。

180107tenntoa

後ろから見たところ。

180107tenntoc

ブルーシートのタープがでかいので設営完了まで1時間ちかくかかりました。お昼はカップ麺で簡単にすませてから薪集めにいきます。

道路脇にあった倒木をのこぎりで切って集めると、もみ袋1袋もありました。我が家から持ってきたのと合わせると3袋、これだけあれば焚き火の薪は十分です。

午後3時すぎても娘婿はまだ来ません。なので火を熾しておでんの材料の大根とこんにゃくを茹でておきます。

180107oden

気温は12℃前後。なので焚き火の前に陣取って暖まると寒くないです。

180107odenb

娘夫婦がきたのでテントやタープを張るのを手伝います。

180108tentod

焚き火には

180107odenc

おでんを温め、やかんに水を入れお湯を沸かします。

男性はビール、娘や私の連れ合いはコーヒーを飲みます。

そのあと、知人からいただいた山太郎蟹で蟹鍋を作りました。蟹で出汁をとったあとに鶏肉、豚肉、白菜、長ネギ、生しいたけ、豆腐を放り込んでぐつぐつ煮込みます。

蟹の出汁が効いて美味い。

180107yiru

1780107imo

七輪では、さつまいもを蒸して食べました。

7日、3時半過ぎには小雨がぱらついてきました。

でも安心、娘婿のタープ(スノーピーク)は広くて高いので焚き火をしてもなんともないです。

夜中には本降りになり、夜中には私の自作のブルーシートのタープは強風で倒壊。なんどか立て直すも倒れるのであきらめて倒しておきました。

スノーピークのタープは朝まで倒れることなく無事でした。

朝は山太郎蟹鍋にご飯を入れておじやにして食べました。雨が降る中のテント撤収となりました。

雨キャンプもいいものです。

藺牟田池自然公園キャンプ場 2017.12.23-24 鶏皮塩胡椒炒めとおでん

2017年12月23日 天皇誕生日

今年も残り少なくなりました。12月に入って2回目のキャンプです。

今回は娘夫婦にもらったフュアーハンドの灯油ランタンと三男にもらったロゴスの皮手袋を使用します。

今日は風もなく穏やかで晴れていますが、24日は「曇り時々雨」の予報が出ているので車とブルーシートを連結して雨でもテントの撤収を素早くできるようにしました。

テント設営をご覧ください。

その前に昨日、金曜日からキャンプされていたキャンパーの様子をご覧ください。

171223kyanpu

みなさんいいテントを持っていますね。幕内で薪ストーブを燃やして暖をとったようです。

171223tentod

171223tentoc

171223tentob

171223tentoa

3.6×5.4mのブルーシートはでかいですね。車側はダイソーの100円の吸盤フックで3箇所を止めました。

ブルーシートの自作タープは、スノーピークのアメニティドームSがすっぽりと入ります。

高さが2,4mもあるのでタープの下で焚き火も余裕でできます。

171223kare-udon

お昼前に設営が終わりランチは「カレーうどん」です。

食後、幕内で昼寝をしていると管理人さんが薪をもってきてくれました。

寒さ対策は焚き火以外にないので大助かりです。ありがたいですね。

私の横では、昨日からのキャンプ組が帰ってデイキャンプする方が2組来られました。

腹ごなしに池の周りを散策します。

171223kamotati

カモも白鳥も日向でのんびりとしています。

171223kareha

時折、自転車で通る人たちやわんちゃんを散歩させながら歩いている方とすれ違います。

171223imutaike

私の横のエリアでは、おじいちゃんやお孫さんたちが見えて賑やかです。

3時過ぎですが、私もぼちぼち夜の部の準備です。

171223odennabe

大根を茹でて、茹で上がったらこんにゃくや市販のおでんをいれて出来上がりです。

いわしの缶詰はビールのつまみに焚き火で温めていただきます。

171223odennikomu

おでんは七輪でことこと煮込みます。

スーパーで買ってきた鶏皮をフライパンで炒めます。

171223torikawaitame

塩胡椒で味を調えてできあがりです。

171223torikawadekiagari

鶏皮美味い。

暗くなる前にランタンの灯りをつけます。

171223rantan

気温は12℃くらい。

風がないので焚き火をすれば暖かいです。

171224makuuti

幕内から見たらこんな感じです。

171223zasiki

今回は椅子を使わず地べたスタイルで焚き火の前に陣取りました。

171223aruko-ru

ビールが終わったらウイスキー「ジムビーム」を飲みます。

ロゴスのろうそくランタンもかわいいです。これで4時間くらいもちます。

何も考えずに焚き火の炎をみてまったりと贅沢な時間が過ぎていきます。

夜10時には就寝。

道路のすぐそばにある錦江町の神川キャンプ場とちがってとても静かです。デイキャンプ組の2組が帰ったので今回は私一人の完全ソロキャンプになりました。

夜中に鳴くのはカモだけ。何の物音もしません。

幕内では封筒形のシュラフともうひとつのシュラフを2枚重ねにして、その上から毛布をかけるともうぬくぬくです。朝までぐっすりと寝ることができました。

171224yuderu

朝から火を熾してパスタを茹でます。

ステンレスの鍋は、取っ手が金属製なのでこんなときにロゴスの皮手袋が役立ちます。

171223logosutebukuro

171224mi-toso-su

171224pasutadekiagari

ミニパスタは小さな鍋にもすっぽりと入りゆでることができました。

天気予報では、「曇り時々雨」でしたが午前中は雨が降らずテントの撤収も楽にできてキャンプ終了です。

12月に2回もキャンプすることができて満足です。

来年は何回くらいキャンプできるでしょうか?

マゴチを味噌汁にしていただく

知り合いからマゴチをいただいたのでオーブンで焼いてから、

魚汁にしていただきました。

171219magoti

見た目はグロテスクな魚ですが、魚汁にするとあっさりして美味しいです。

いつもは連れ合いが捌いてくれるのですが、

「もらってきた人が捌きなさい」

ということで私がすることになりました。

鱗は、硬くて細かいのですが包丁で取ることができます。

生姜も入れて味噌味で魚汁にしたのですが見た目とは違いあっさりして臭みもなく美味しかったです。

Nさん、またくださいね。ありがとうございました。

誕生日プレゼントに娘夫婦からフュアーハンドランタンをもらう

12月25日の私の誕生日プレゼントに娘が

「父さん、誕生日プレゼント何がいい?」

というので、

「灯油で燃えるフュアーハンドランタンがいい」

と話してあったらさっそく注文して持ってきてくれました。

20171219rantan

FEUER HAND Baby Special 276 です。

300mlの満タンで20時間燃焼するようです。箱には日本語の説明はないのですがネットの情報によると強風にも強いとか。

171219rantanb

電池式のLEDランタンと比べて炎が燃えるのを見るのは癒されますね。

さっそく週末にはキャンプで使いたいのですが今のところ財務省?の許可がおりていないのです。

23日、24日とキャンプができますように祈りましょう。天気は今のところ雨は降らない予報です。

もみじ鍋を作る

知り合いから鹿肉をいただいたので「もみじ鍋」を作ることにしました。

171205sikanikua

太ももの部位でしょうか?赤身ばかりです。

171205sika

白菜、しめじ、長ネギ、えのきなどを入れて煮込みます。

171205momijinabe

鹿肉の弾力のある赤身がうまいです。

残り半分は焼肉にして食べようと思います。Nさんありがとうございました。

藺牟田池自然公園キャンプ場、2017.12.02-03 ソロキャンプ おでん

12月の中旬から年末にかけてはキャンプに行けないだろうということで近くの藺牟田池自然公園キャンプ場に行ってきました。

12月2日(土)午前中は仕事が入っていたので、昼過ぎから準備を始めて現地には2時過ぎに到着。

171202kyanpu

すでに2組のキャンパーがいらっしゃいました。

1組は家族連れで2家族で小さなお子さんを連れてのキャンプです。

もう1組は、ソロで幕内で薪ストーブを設置するための試し張りをするということでした。

みなさん寒いので暖房対策のために薪を大量に持ってきています。

さあ、テント設営からご覧ください。

171202tentosetueia

タープの後ろは立ち木があったのでそれにロープで結びつけます。

171202tentosetueic

横から見たところは、

171202tentosetueib

気温は12、3度でそんなに寒く感じません。風がないせいでしょうか。

テント設営が終わると、BBQグリルのウェーバーに火をいれて暖をとります。

171202nabe

暖を取りながら、鳥刺しをいただきます。

171202torisasi

今回は前回持っていった宮崎県の焼酎「木挽」を飲まなかったのでお湯割りにして飲みます。

171202nomu

ビールは「のどごしスペシャルタイム」いろんな銘柄がでているものです。

171202nodogosi

大根と里芋が煮えたら、市販のおでんを入れて煮込みます。

171202oden

ちくわと手羽先も投入。

ぼちぼち飲んでいると、薪ストーブの試し張りにやってきていた彼が尋ねてきました。

キャンプの話は尽きることがありません。アルコールも進みます。

ファミリーキャンプを楽しんでいる2家族は、仲がいいのでしょう。笑い声が絶えません。子どもたちも賑やかです。

寒いので今夜は、10時過ぎには就寝。

幕内には銀マットを2枚敷いて、シュラフの上には毛布もかけて寝ましたよ。少し寒いくらいでしたが快適。

朝起きてみると、天気は予報通りの曇り空。

171203kumori

朝から焚き火で暖を取りながら、昨夜のおでんの汁にうどんを入れていただきます。

171203udon

10時過ぎにはテントを撤収して我が家に帰りました。

1泊2日の短い時間でしたがテント生活を満喫できました。次回は年が明けてからになるでしょうか。年内にもう1回行けたらいいのですが。

肝属郡錦江町神川キャンプ場、2017.11.25-26 ソロキャンプ? おでん

公開するのが遅くなりました。先月11月25日~26日にかけて行った神川キャンプ場のキャンプの様子をご覧ください。

このキャンプ場は今回で5回目になります。

姶良市の我が家から2時間ちかくかかるのですが、ロケーションがいいのと無料で泊まれるので気にいっているのです。

テント設営の様子をご覧ください。

171125setueia

今回もブルーシートの自作のタープを使います。ロープ代はかかりますが、竹は河原から切ってきて油抜きをしたのでただ。ブルーシートはホームセンターで買ってきましたが1500円くらいでした。

171125setueib

後ろから見たところです。

スノーピークのテントをタープの下に入れ込むためにタープにロープを長めに引っ張り固定します。

3.6m×2.6mのタープでは少し小さめです。

171125setueic

設営が終わったらお昼のラーメンを食べます。

171125hirura-a

BBQグリルのウェーバーの焚き火で調理します。

味噌ラーメン美味い。

171125hirura-

長ネギとさつま揚げも入れ最後に卵を入れて完成です。

我が家にあったおにぎりも焼いて食べます。

171125onigiri

お腹いっぱいになったら少しだけテントの中でお昼寝タイム。

そのあとは、買い出しです。

買い出しの後は、近くの「トロピカルガーデンかみかわ」で温泉に入り、夜の宴の準備をします。

171125takibidaizen

ビールのほかに今夜は、ウイスキーと焼酎「木挽」です。

ビールを飲みながらおでんの準備をします。

171125odena

我が家で準備をした大根とサトイモを投入。

煮えたら市販のおでんを入れて味を調えます。

171125nikomu

ちくわやイカの串刺しも入れます。

ぼちぼち飲んでいたら原付バックで日本一周をしているという67歳の長野県の男性があいさつに見えました。

明日は雨の予報ということで炊事棟の下でテント設営。

それから30分ほどしたら25歳の青年が自転車で日本一周をしているとのこと。我がテントの前まできてあいさつしてくれます。

日も暮れて暗いのでおでんを勧めると喜んで食べています。

飲めなかったアルコールも日本一周をするようになってから飲めるようになったとか。二人で12時前まで飲んで盛り上がります。

ちょいと飲みすぎたかな?

寒いと思ってシュラフを2枚準備してありましたが、テントの中はポカポカ。

ぐっすり寝れました。

今回のキャンプ場の前の海は曇りで眺めはいいと言えませんが、焚き火とアルコールがあればいいのです。

錦江町神川キャンプ場、2017.11.03-04 ソロキャンプ?芋煮 暴風

2017年11月3日(文化の日)は、鹿児島県肝属郡錦江町神川にある「神川キャンプ場」に行ってきました。今回4回目です。

10月中旬から末は2回の台風襲来(台風21号、22号)でキャンプに行くことができませんでした。

11月3日は、曇りの天気。上空はどんよりと曇っています。

姶良市の我が家を9時前に出て、キャンプ場へは11時前に到着。

さっそくテント設営にかかります。

今回は、タープの下にテント(スノーピーク:アメニティードームS)を入れてみたいと思います。

171103tentoa

ブルーシート自作のタープの後ろに、テントをいれるスペースの分だけロープで長くしてそこに竹を立てます。

171103tentousiro

3本ロープを張り巡らしたので頑丈なつくりになりました。

171104tentob

テント設営が終わったので、ランチには早いのですが我が家から持ってきたおにぎりとおかずを食べることにします。

171103ranti

ランチが終わると、お昼ねタイム。テントの中は11月ともなれば暑くなく快適です。1時間ほどして近くのスーパーニシムタに買出しです。

今夜は芋煮を作る予定なのでキャンプ場の目の前の「道の駅 にしきの里」で里芋、ごぼうを買いました。

スーパーでは、牛肉(ばら肉)、ビール、氷、焼酎を買います。

買出しの後は、いつもの「トロピカルガーデン かみかわ」で温泉に入ります。町営の温泉なのでしょうサウナまであって入浴料300円です。

露天風呂に入っていると、雨がぽつぽつと降ってきました。

キャンプ場に戻るとタープの外においてあった薪が濡れています。あわててタープの下に薪とウェーバーを入れます。

タープの下で焚き火をするのは初めてですが、天井が高いので大丈夫でした。

171103kamado

焚き火をしながら雨音を楽しんでいると、大型バイクでこられた方は東屋の下に陣取りました。

171103miyakonojyou

横殴りの雨になってきたのでタープの横に緑のシートをくっつけて雨を凌ぎます。

171103ametento

焚き火の爆ぜたのでテントが焼けないようにテントを背にして座ります。

まだ明るいですが一人宴会の始まりです。

171103sasimi

ビールと徳之島の黒糖焼酎「島のナポレオン」をいただきます。刺身もうまい。

芋煮の準備をしていると私と同じくらいのキャンパーがホンダのカブでキャンプ場にやってきました。

最初の大型バイクの方は宮崎県都城からこのカブの方は四国からやってきたそうです。正確には志布志の港に着いた船からやってきたそうです。

すぐに仲間になり私のタープの下で宴会が始まりました。

171103sikoku

焚き火に芋煮の鍋をかけます。

171103imoni

あ、そうそう今日の神川キャンプ場の砂浜には、モニュメントが飾られていました。文化の日だからでしょうか?

171103kagee

171103kageec

171103monyumento

みんなでアルコールを持ち寄って宴会が始まりました。

171103kataraia

171103kataraib

話伺うとお二人は昭和34年生まれだそうで、話が弾みます。私は31年生まれなので同世代です。都城の方が小さなポータブルのスピーカーを持ってきていて懐かしい曲がかかってアルコールも進みます。

芋煮の出来上がりの写真を撮るのを忘れてしまいました。

12時前まで飲んで一人ひとり自分のテントに帰って就寝。

朝5時タープのパタパタする音に目が覚めました。起きてみると暴風です。1本の竹が倒れてブルーシートが音を立てているのでした。

これはまずいとタープを倒すことにしました。

171104boufuu

神川の下流のほうを見ると白波が立っています。

171104kamikawakakou

171104kamikawaumi

このキャンプ場で悪天候になったのは今回が初めてです。

テントの中では落ち着いて朝食もとれないので車の中でお湯を沸かしてカップ麺を食べることにしました。

171104ra-men

車も暴風で時折横揺れします。

いつまでたっても風がおさまりそうにないので、風の強い中テントを撤収して帰路に着きました。

我が家に帰ってからが大変。テントや寝袋を干してきれいに収納します。

今回は天気には恵まれませんでしたが、これはこれで楽しいものです。

姶良市蒲生町米丸、後郷川の河原2017.10.15 簡易ロケットストーブでランチ

2017年10月15日 曇り天気。時々霧雨が降ってくるような天候ですが、姶良市蒲生町米丸にある後郷川の河原に出かけました。

ホームセンターで買ってきたロケットストーブの材料を組み立てて、河原でラーメンを食べようという試みです。

171015gogougawaa

河原の上流の対岸には竹が生い茂っています。

171015gogougawab

下流の様子です。

さっそく河原の小石や岩を利用してロケットストーブを設置してみましょう。

171015suto-bua

171015suto-bub

五徳を置いて料理ができるようにします。

お湯を沸かしてコーヒーを飲みましょう。

171015suto-bucd

焚口から少し炎が上がりますが、残りは長い煙突の方へ吸い込まれていきます。

171015ko-hi-

コーヒーを飲みながら今度は塩ラーメンを食べる準備をします。

171015nabe

しめじ、くすくす館で買ってきた長ネギ、冷蔵庫にあったさつま揚げなどを入れます。

171015sio

171015nabedekiagari

我が家から持ってきたおにぎりと一緒に食べます。

時々、霧雨が降ってきますがタープを張るほどではありません。日曜日のお昼、ゆっくりとした時間が持てました。気分最高です。