九州カヌースプリント選手権大会2018.10.27 伊佐市菱刈町カヌー競技場にて

2018年10月27日(土)

伊佐市菱刈町カヌー競技場で開催されている「九州カヌースプリント選手権大会」を見てきました。

26日~28日開催されているようです。

九州の各県から参加があり賑わっていました。

181027gaikan

この菱刈カヌー競技場は河原が広いのでいいですね。

181027kanu-taikai

気温は17℃くらいですが、風が強くみなさん防寒着をつけて観戦しています。

来週は何も大会がないようですのでまたカヤックの練習に行きたいと思います。

湧水町稲葉崎ラーメン「のらくろ」で塩ラーメンを食べる

2018年10月27日(土)

湧水町で午前中、講演があったのでこれに参加して帰りにラーメン「のらくろ」で塩ラーメンを食べて帰りました。

このお店の前を何回も通ってはいたのですが初めて入るお店です。

181027norakuro

塩ラーメン(700円)を注文。

ご家族で経営されているお店でしょうか。高校生くらいの若者も働いていました。

181027siora-mena

181027siora-menb

アップで撮ろうと思ったのですが肝心の麺はボケていますね。

181027menyu

メニューも豊富で何を食べていいのか迷ってしまいますね。

おやじの頑固ラーメンみたいなメニューもあります。

<追記> 2018年12月6日(木)

 2018年12月2日に行って食べた「とんこつラーメン」(700円)です。伊佐市菱刈カヌー競技場でカヤックを漕いできた帰りのラーメンです。

181202tonkotu

【所在地】 鹿児島県姶良郡湧水町稲葉崎98-2

【電話】 0995-74-1120

【地図】

伊佐市菱刈カヌー競技場でカヤックの練習 2018.10.20-21

2018年10月20日(土)

伊佐市にあるガラッパ公園隣の「伊佐市菱刈カヌー競技場」に行ってきました。

孫娘とガラッパ公園で遊んだ際に、カヌーの練習をする人たちがいるのを遠くから見ていたので、どんなところかなと近くまで
行ってみると、

スタッフの方が、

「練習されるのですか?」と

「カヤックはないのですが、買ったら練習できたらなと思って」

と話すと、

「今すぐにでもできますよ」

と快く話しかけてくれました。

一般の方でも申請用紙に住所、氏名、電話番号を記入して500円払うと乗ることができました。

時間は無制限。

「夕方まで乗っていていいですよ」

と。

181020kayakkub

ライフジャケットを借りて、シーカヤックのようなタイプを選んで漕いでみました。

直線のところには男子高校生や女子高校生がカヌーの練習をしているので邪魔にならないように川の隅っこのところを漕いで上流に出ます。

下流にいくと小さな滝があるので下流に流されると危険です。

181020kayakkua

今週末、26-28日九州の総体カヌー大会があるようでこのときは一般の方のカヌーの練習はできないようです。

21日の日曜日も午後から2時間ほど漕いできました。

20日のカヤックよりも長いのをお借りして漕いでみると、幅がせまい分スピードが出るようでした。

姶良の我が家から1時間でいけるところにあり、500円で1日中できるなんて最高です。キャンプにいけない雨模様のときは合羽を着てここでカヤックの練習をするのもいいなあ。

遊びがまたひとつ増えてルンルン気分です。

湧水町木場「栗野岳ログ・キャンプ村」2018.10.12-13 ソロキャンプ 水炊き

10月に入り急に肌寒い日が続いています。

2018年10月12日~13日。湧水町木場にある「栗野岳ログ・キャンプ村」に行ってきました。

今回で5回目かな?

気に入ると同じ場所に何回も行ってしまう癖があるようです。

金曜日の午後からなのでキャンプ場は貸切状態。私一人でなにもかも独り占めです。

では設営からご覧ください。

181012setueia

前から

前回に続いてかまどを作り直火で煮炊きします。

181012setueib

斜め横から

181012setueic

後方から

タープは後ろの方は立ち木にロープを結びます。風もなく穏やかで晴れていて最高なコンディションです。

181012takibi

午後3時半過ぎ、さっそくかまどに火を入れます。

今夜は「水炊き」です。食材は鶏モモ肉、長ネギ、白菜、しめじ、えのきだけです。朝晩と涼しいので鍋物がいい季節になりました。

181012kamado

181012kamadob

我が家から持ってきたおでんの残り物のこんにゃくや里芋なども焚き火の周りにおいて温めていただきます。

外で食べると何でもうまいのです。

181012kamadob

181012mizutaki

181012mizutakib

味ポンで食べるとあっさりして何回でもお代わりして食べてしまいます。

今夜はアルコールの度数の強いビールを持ってきたら早めに酔ってしまい、ウイスキーまで飲まずじまい。

早めの就寝です。

夜中、2時くらいに一度目が覚めてテントの外に出ると猪が地面の中にいるミミズをほじくっていたようで「ブヒッ」と鳴きながら逃げていきました。

暗くて見えなかったけど泣き声からして猪に間違いないようです。テントサイトの周りには昨夜もきたのでしょう。ミミズを求めて鼻でほじくり返した跡が多数残っていました。

朝方には、鹿の「ピユーッ」という鋭い鳴き声が何度もしていました。猪といい鹿といい自然豊かなところです。

6時起床。

181013kamado

火を熾して湯を沸かしてコーヒーをいただきます。

コーヒーのあとは、レトルトカレーです。

181013kare-

昼からは息子の引越し作業があるので、9時過ぎにはテントを撤収して帰路に着きました。

次回はもっと寒くなっているでしょう。

どこのキャンプ場に行くとしましょうか。楽しみです。

湧水町木場「栗野岳ログ・キャンプ村」2018.09.16-17 焚き火三昧

2018年9月16日~17日

急に予定が変更になりキャンプに行けることになりました。

天気も穏やか、雨も降りそうになく最高なコンディションです。

今回も湧水町木場にある「栗野岳ログ・キャンプ村」に出かけました。3連休とあっていつもより大勢のキャンパーが来ておられました。

180916nigiwai

では、私のテント設営をご覧ください。

180917tentob

180916tentoa

前回と同じ林間サイトです。

キャンプ道具を持ち運ぶ手間は要りますが、そよ風が吹くと涼しく最高な気分を味わえます。

180917siriai

知り合いの方も林間サイトでハンモックを木々に吊り下げてゆったりとされています。

180916kamadoc

今回はBBQグリルのウェバーがないので直火で焚き火を楽しもうと思います。

我が家から持っていった薪と林間サイトの隅に置いてある朽木を使います。この朽木湿っていますが、直火ではいい役割を果たします。

かまどで風をさえぎる役目を果たすのです。

180916kamado

横川の道の駅で買った里芋を煮て食べたいと思います。

180916kamadob

朽木はゆったりゆったりと燃えます。

180916kibinago

炭火できびなごも焼いていただきます。

遅くまで焚き火を見ながらビールのあとは、ウイスキーをちびちびと楽しみました。

ゆらめく炎を見ながら至福の時間です。

180917yu

あくる朝は、やかんに湯を沸かしてコーヒーを飲み、あとでカップ麺をいただきました。

まだまだ暑いですが、涼しくなったら海辺のキャンプ場にも行ってみようかな。

湧水町木場「栗野岳ログ・キャンプ村」2018.09.01-02 芋煮

2018年9月1日~2日 1泊2日 栗野岳ログ・キャンプ村に行ってきました。

180901tentoa

テント設営です。今回は娘婿のお父さんも一緒です。お父さんは日帰りです。

180901tentob

今回は飲んで食べてばかりでカメラ撮影がおろそかになってしまいました。

180901nomu

ウェーバーで焚き火を楽しみながら焼肉をしましたよ。

180901yaku

孫娘が肉をどんどん放り込むのでこんな状態になってしまいました。

180901imoni

焚き火料理で芋煮を作ります。

180902imoni

肉ばかりだと飽きるのですが、汁ものがあるといいですね。

180901yakan

やかんではお湯を沸かしておくと、いつでも料理に使えます。

180901gaikan

スパゲティを茹でてインスタントのカルボナーラを作りました。

孫たちのためです。

180901tentoc

夜は私ひとりだけ、焚き火のゆらめく炎を見ながらちびちびとウイスキーを飲みました。

9月は連休が2回あるので次はどこにしようか楽しみです。

湧水町木場「栗野岳ログ・キャンプ村」2018.08.25-26 避暑ソロキャンプ 読書三昧

2018年8月25日(土)

8月で何個もの台風が来てキャンプするには日程がなかなか合わないのですが、台風19号も20号も影響なさそうなので栗野岳ログ・キャンプ村に出かけることにしました。

天気予報では曇りでしたが、現地は晴れ。

風も穏やかでいいキャンプ日和です。

林の中は涼しいです。

では設営から見てください。

180825setueia

前回のキャンプのときと同じ場所に張ることにしましたよ。

180828setueib

180828setueic

昼飯は、家からもってきたおかずにおかゆを作って食べます。

180828hirumesi

魚味噌(奄美ではよく食べます)、秋刀魚の塩焼き

夜に備えて軽く食べます。

180828mukuhatijyuu

お昼を済ませたら読書タイム。

椅子に座って読んだりテントの中でねっころがって読んだりします。

椋鳩十の『自然の中で』と有川浩の『三匹のおっさん ふたたび』を読みます。

読書のあとは栗野の町まで降りて、温泉と買出しです。

180828torisasi

鶏刺しでいっぱいやります。

180828nomu

きゅうりに塩昆布を和えたのもいただきます。

180828takibib

焚き火をしながら手前の七輪では、ホルモンを煮込みます。

焚き火を見ながら飲むビールは最高にうまい。

180828niru

180828takibi

夕方は「霧島チェンソーアート」のメンバーの方がオートキャンプ場ではBBQを楽しんでおられました。

夜は早めに就寝。

26日の朝は早く目が覚めました。

熱いコーヒーを飲んでゆっくりしたあとに朝食です。

180826asamesi

食パンに沖縄ハムと目玉焼きです。

午後2時、テント撤収するまでの時間は読書三昧です。

林の中は涼しいし最高です。

湧水町木場「栗野岳ログ・キャンプ村」避暑ソロキャンプ 読書三昧2018.08.04-05

2018年8月4日(土)

今夜は伊佐市では花火大会があるらしい。私は下界にいたら暑いので栗野岳ログ・キャンプ村で1泊2日のソロキャンプを楽しむことにしました。

林の中に入ると27℃。

やわらかい風が当たるともっと涼しく感じます。

せっかくなので加治木にも住んでいたという「椋 鳩十」の作品を図書館で借りて持ってきました。

木漏れ日の入る林の中で小鳥の囀りとときに鹿の「ピュー」と鳴く声、そして啄木鳥でしょうか。木をつつく音がします。

ではテント設営からご覧ください。

180804tentoa

180804tentob

180804tentoc

お昼は、朝ご飯の残り物と牛丼(お湯で湯煎して温めるだけ)

180804gyudon

180804ranti

ランチの後は、図書館で借りてきた『夕やけ色のさようなら』を読みます。

180804muku

長野県の田舎、喬木村で生まれた椋 鳩十は、学校では読書が嫌いだけど林の中にいると自然に読書が好きになると言っています。

自然の中にいると本を読むのがすっきりと体に沁みこんでくるのでしょう。

本を読んでいると目の前を乗馬を楽しむ人たちが通っていきます。

180804jyouba

このキャンプ村を運営しているNPOが乗馬体験もできるところがすぐちかくにありこの林間のサイトは馬の通り道になっているようです。

午後2時半になったので、今日は伊佐市のスーパーまで買出しに出かけます。買い込んだあとは、栗野のいきいきランドで温泉に入ってきました。

4時前にキャンプ村に戻って、しちりんで火を熾して焼肉の準備をしていると大粒の雨が降ってきました。

途中から雷さんも交えての雷雨となり、稲光がして雷が落ちる音がします。

このキャンプ村には避雷針が2本建っているので落ちないと分かっていても、凄まじいとどろきに怖くて頭を抱えてしまいました。

テントの前室でビールを飲みながら雨が止むのを待ちます。

180804tentonai

1時間くらい降ったでしょうか?

でもテントの中にはまったく雨が浸水するようなことはなかったです。

再度、しちりんで火を熾して肉を焼くことにします。

180804yaku

今日のアルコールは、姶良の焼酎「喜左衛門(きざえもん)」とビールは「プライムリッチ」です。

180804aruko-ru

肉に続けて「あゆ」も焼きます。

180804ayu

真っ暗になる前に豚汁も作っておきます。

焼肉の残りの肉を炒めて、しめじ、長ネギ、豆腐を入れるだけです。持ってきていた乾燥わかめをいれるのを忘れてしまいました。

180804nabeb

180804nabe

灯油ランタンも灯してと

180804ate

スーパーで買った揚げだし豆腐を忘れていました。

豚汁は一人では食べきれないので、上のサイトでテントを張っていた世田谷ナンバーのキャンパーさんご夫婦におすそ分けしました。

あとで、BBQで焼いた鶏肉をいただきました。

180804yakiniku

焚き火を見ながら焼酎をちびちびと飲む。

贅沢な時間が流れていきます。

今回のキャンプは雷雨に見舞われて大変でしたがこれもまたいい思い出として残るでしょう。

錦江町の「神川キャンプ場」では、朝起きたら暴風になっていたことも思い出します。何か困難があった方が心に焼き付いているようです。

さあ、次回はどこのキャンプ場に行くとしましょうか。

まだまだ暑いのでまた「栗野岳ログ・キャンプ村」かな。ここは秋の紅葉のころは林間サイトはもみじがたくさんあるので華やかでしょう。11月頃にもきたいものです。

豚バラブロックを燻して食べる

2018年7月27日(金)

我が家の庭で買ってきた豚バラブロックを焚き火で燻して食べることにしました。

BBQグリルのウェーバーがあるので薪を燃やしながら、豚バラブロックを吊るして燻すのです。

しばらく炙っていると脂がしたたってきます。

180727butabara

豚バラブロックからしたたり落ちる脂が焚き火に落ちるとその脂が燃えてまたいいにおいがしてきます。

これを見ていた孫たち(3歳と1歳2ヶ月)もいつもは豚肉なんか食べないのに、焼けたところからカットしてあげると食べていましたよ。

料理(肉に塩コショウして燻すだけですが)を見ていたら食欲がわいてきたらしいのです。

一度では食べきれないのであくる日は、インスタントラーメンにトッピングして食べました。

燻してあるので日持ちもするし、ビールのアテにもいいですね。

焚き火を楽しむのと同時に調理まで楽しめましたよ。

湧水町「栗野岳ログ・キャンプ村」避暑ソロキャンプ 2018.07.21-22

台風10号の影響で急に強い風が吹いたり止んだりする天気でしたが、湧水町の「栗野岳ログキャンプ村」に行ってきました。

ここは標高700m。周りが木々に囲まれた林間のキャンプ場です。

「栗野岳分校」の跡地らしく敷地内には小さなプールもあります。

姶良市の我が家から1時間ほどのところにあります。

管理人さんが常駐しているわけではないらしく予約して出かけたほうがいいです。

2018年7月21日(土)

その日は、私のほかにキャンピングカーの方が3組いらっしゃいましたが仲間のようです。

鹿児島市、宮崎県延岡市、熊本市からとこのキャンプ村に集まったとのこと。

それではいつものように私のテント設営からご覧ください。

180721tentoa

180721tentob

180721tentoc

時々雨の予報なのでしっかりとブルーシートのタープを張ります。

ランチは栗野のスーパーで買ったお弁当ですませます。

180721ranti

弁当をたべてテント内でごろごろするも気温は27℃くらい。

下界とは2、3度低いようです。

ではキャンプ村を紹介しましょう。

180721kanritou

立派な木造の管理棟です。

180721suijitoutoire

炊事棟とトイレ

180721roguhausu

ログハウスが3棟建っています。

天候が悪いときはここに泊まるのも良さそうです。

テント内でゆっくりしたあとに林の中のテーブルでいっぱいやることにします。

180721hayasi

この林の中にもテントを張れるようになっています。時々馬に乗った観光客がスタッフの方に手綱を引かれて歩いてきます。

180721hayasib

午後4時くらいから本格的に飲み始めます。

180721tumami

180721aruko-ru

今日は伊佐の焼酎「伊佐小町」とビールは「本麒麟」です。

アルコールのアテは「鶏刺し」と「かつおのたたき」です。

1780721ranpu

デイツの灯油ランタンを灯します。

キャンピングカーの方からお肉をいただきました。

180721yakiniku

今回は焼肉はなかったのでグッドタイミングです。

キャンピングカーの方たちは炊事棟の中でBBQをやって楽しそうです。1ヶ月に1回はこうして集まるとかで仲のいいことです。

同じ趣味を持つものはすぐに仲良くなれるのでしょうね。

夜寝る前に私も30分ほど合流してキャンプのことなど語らってきました。

夜に何回もテントを叩く雨音で目が覚めましたがテント内に浸水してくることはなく、安心して寝ることができました。

朝は6時起床。

180722wakasu

お湯を沸かしてコーヒーを飲みます。

そのあと、夕べはあまり食べてないのでベーコンのモヤシ炒めを作ります。

180722itame

焚き火は火力も強力で調理もしやすいです。

レトルトのご飯とカレーもお湯で湯煎していただきます。

180722kare-toitame

朝からカレーですよ。みなさん。

食後はぼちとぼちと片付けます。

キャンピングカーの写真を撮らせてもらいました。

180722kuruma

3台ともトヨタの「ハイエース」です。いろいろオプションもつけると800万円くらいするそうです。

180722situnai

思い立ったときにあちこち行けていいそうです。

今回は標高の高い「栗野岳ログ・キャンプ村」でキャンプして正解でした。

夏場はここにキャンプをするとしましょう。

帰りには、祝橋温泉で温泉に入り空港近くの「手打の南舟」でざるそば定食を食べて帰ってきました。

栗野岳ログ・キャンプ村

【所在地】鹿児島県姶良郡湧水町木場6340-89

【電話】 0995-54-1655

【地図】